「旋盤」職種とは

「旋盤」は、誰もがその名前を知っている工作機械の代表選手です。

工作物を機械の軸に固定して回転させながら、これにバイトと呼ばれる刃物を当てて、ナイフでリンゴの皮をむくように切削します。刃物の種類を換えたり、付属品を使うことによって、多様な加工ができます。

 

外径削り、穴ぐり、穴あけ、テーパ削り、ねじ切り、ナーリング、などができ、技能を磨けば0.01mmの緻密な精度の加工も実現できます。

 

(出典:五輪への挑戦 第53回技能五輪全国大会 中央職業能力開発協会)

旋盤競技の様子
旋盤課題

競技概要

競技時間は5時間45分で、支給材料を使って、課題図面に示す部品を製作し、組立図に示すようにはめ合わせて完成させます。

    旋盤加工前素材

 

 

競技課題

 

第54回技能五輪全国大会 (H28年) 旋盤課題  (JAVADA 中央職業能力開発協会)

 

 

旋盤紹介動画(JAVADA 中央職業能力開発協会)

※動画の内容は最新の協議課題と一部異なることがあります。