「構造物鉄工」職種とは

「構造物鉄工」とは、人々が求める構造物の目的・形状・材質の特性に応じて図面で要求された品質の鋼構造物を製作する技能です。

設計の意図を読み、鋼に現図を描き、切断、孔加工、曲げ加工、溶接などを行い完成させます。

製品にはmm単位の厳しい精度が求められ、最高水準の技能が要求されます。

 

(出典:五輪への挑戦 第53回技能五輪全国大会 中央職業能力開発協会)

構造物鉄工競技の様子
構造物鉄工課題

競技概要

競技は2日間で、注意事項及び仕様に従って、課題図に示す競技課題を製作します。


鋼の素材を使い、切断加工・穴開け・曲げ・溶接・組立ての作業を行い、構造物を造り上げていきます。

 

 

競技課題

 

第54回技能五輪全国大会 (H28年) 構造物鉄工課題  (JAVADA 中央職業能力開発協会)

 

 

構造物鉄工紹介動画(JAVADA 中央職業能力開発協会)

※動画の内容は最新の協議課題と一部異なることがあります。