「電気溶接」職種とは

鉄を多く使う自動車、橋、船舶、鉄道をはじめ、火力・原子力発電所の大型発電設備、生産工場のロボットなども金属と金属を接合してつくられています。

 

電気溶接の技能は身近な製品に限らず、社会のあらゆるものに使われ、ものづくりの基幹技術ともいわれています。

 

電気溶接競技の様子
電気溶接課題

競技概要

競技時間は4時間25分で、製品の清掃時間も含まれます。
注意事項、課題図に従い、課題1~4を行います。


課題1 アルミニウムTIG
課題2 ステンレスTIG
課題3 突合せ試験片No.1、No.2
課題4 圧力容器

 

 

競技課題

 

第54回技能五輪全国大会 (H28年) 電気溶接課題  (JAVADA 中央職業能力開発協会)

 

 

電気溶接紹介動画(JAVADA 中央職業能力開発協会)