西洋料理

おいしい西洋料理をつくるには、材料のチェック、下準備、調理、盛り付けと、どの段階でも高い技能が必要です。

競技では、各料理を指定された瞬間にもっともおいしい状態で提出しなければならず、時間配分等の能力も不可欠です。

 

茹でる(ボイル)、蒸し煮(スチームクイック)、揚げる(フライ)、炒める(ソテー)、ロースト、グラタン甘味料理(スイ-ティーズ)等の基本調理法が取り入れられており、技を競います。

 

(出典:五輪への挑戦 第53回技能五輪全国大会 中央職業能力開発協会)

西洋料理合同練習会の様子
西洋料理作品

競技概要

競技時間7時間で、仕様に従って調理作業を行います。

 

課題1 オードヴル

課題2 メインディ ッシュ

課題3 デセール

 

(第54回大会競技課題より)

 

競技課題

 

第54回技能五輪全国大会 (H28年) 西洋料理課題  (JAVADA 中央職業能力開発協会)

 

 

西洋料理紹介動画(JAVADA 中央職業能力開発協会)